• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンで超美白!

トレチノインとハイドロキノンで超美白!

スキンケアをしている女性

美白も女性達の永遠のテーマ、特に年齢を重ねればそれだけシワだけでなくシミも多くなってきます。
アンチエイジングとしてシミやシワを改善し美白をテーマとした化粧品は多く、それだけたくさんの方が興味を持っていることも分かるのです。

とはいえ、アンチエイジング用化粧品もピンからキリまであり中には全く化学的根拠も無いような製品だって普通に並んでいます。
とにかく効果が得たいというならば、ルミガンやケアプロスト同様に医師の指導の元で使うことの出来る製品は如何でしょう。

トレチノインというのはビタミンAの誘導体を指します。
通常のビタミンAの100倍以上の生理活性を持つと言われており、お肌に塗布すれば古くなった角質を剥がして表皮の細胞分裂を早め、お肌の代謝を促進してくれます。
ビタミンAの誘導体にはピーリング作用以外にもターンオーバーの促進・皮脂のコントロール・真皮のコラーゲンや表皮のヒアルロン酸の生成促進といった作用もあり、みずみずしい素肌へと生まれ変わることが可能です。
お肌の代謝が良くなることで皮脂の分泌も抑えられるので、ニキビや毛穴の開きといった悩みも改善されます。

トレチノインはすでにアメリカでは、ニキビやしわの治療薬としてもFDAに認可されています。
老化防止効果も高くて、年齢に関係なく皮膚の若返り効果があることが認められています。

ハイドロキノンは、お肌の漂白剤という別名もあるほどの強力な漂白作用を持つ塗り薬です。
メラニン色素を合成する酵素・チロシナーゼの働きを弱めたり、メラニン色素を作り出す細胞・メラノサイトの数を少なくしてくれるといった効能を持つのです。
ハイドロキノンの美白効果はアルプチンやコウジ酸の100倍ほどもと言われますからかなりのものです。
一般の品にも配合されてはいるものの、濃度が低くそれほど効果は望めません。
やはり病院で処方してもらうのが一番です。

これら2つを医師の指導の元で使用していれば、本当の意味での美白が手に入ります。
ただ、強い力を持つものだからこそ1週間ほどは赤みやかさつきが出ることも、また紫外線の影響を受けやすくなるからこそ保湿やUVケアをきちんと行うことも必要となるのです。
妊娠中やその可能性がある時期には使用できません。

美しいお肌は病院にて手に入れる時代です。
保湿などにも気を配りながら正しくケアを行っていれば、ガンコなシミも美しくなれるでしょう。