• ホーム
  • 紫外線は美肌づくりの敵!きちんと予防しよう

紫外線は美肌づくりの敵!きちんと予防しよう

美肌作りの為には敵を知ること、紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。もちろん紫外線にも殺菌効果やビタミンDの生成といったメリットはあるのですが、光老化や悪性腫瘍の誘発・免疫力の低下・角膜炎や白内障の誘発といったデメリットも多くあります。顔黒で真っ黒になっているのこそが美人と言われたのは昔のこと、ある程度は太陽の光に当たったほうが良いものの日焼けはNG、紫外線対策をきちんと行ってください。ちなみに、光老化とは紫外線を浴びることでシミやシワが多く生成されるという状態を指し、ますます焼けたくないという気持ちが高まったはずです。美肌作りにもですが、健康面でも影響するのですから子供だってお肌に紫外線を当てすぎないようにしてやりましょう。真っ黒に焼けた子は健康な証拠とは言えません、その何十年後かに影響が現れてくるのです。

紫外線を防ぐのに一般的なのは日焼け止めクリームでしょう。最近では飲むタイプの日焼け止めといったものも得てきています。塗り方ですが、夏だけで大丈夫だろうと思わず一年を通じて塗り続けることです。日焼けするようなことは無くとも、お肌へは紫外線の影響は季節を問わず届いています。塗り方でもう一つ気をつけた方が良いのはこまめに塗るということ、意外と運動をせずとも汗で流れ落ちているものなのです。特にお子さんの方が新陳代謝もよく、すぐに流れてしまいます。小さなうちは自分で塗ることが難しい以上は母親が管理してやらなければなりません。

紫外線を浴びるとお肌を守るためにメラニンが作られるのです。そのメラニンは新陳代謝によって次第に表面に上がっていき、最終的には角質細胞と共に剥がれ落ち元の肌色に戻るのが正常なのです。ですが、お肌の新陳代謝が衰えるとメラニンを含む表皮細胞が長くお肌にとどまるようになりますし、多量のメラニンを作るようになってしまいます。なるべく紫外線を浴びないだけでなく、睡眠時間をきちんと設けてバランスの取れた食事を取る・運動をしてストレス解消するなどの日々の行動も効果的です。運動により適度な疲れが得られたら、睡眠の質も変わってくるでしょう。生活の見直しも含めて美肌作りを考えていきましょう。

メラニンが過剰に作られるのを抑えてくれ、色素沈着が起きにくくする効果を持つのがビタミンCです。お食事で、あるいは化粧品でビタミンCをたっぷり取ることもオススメです。ビタミンCには抗酸化作用もあり、老化を抑えることにも繋がります。